「生きたソフトウェア」を提供する医用画像ソフトウェアの研究・開発・販売専門会社
各種開発・運用事例

各種開発・運用事例・運用ルーツ・システム製品

DICOM MWMサーバ・ワークリストサーバ

ワークリストサーバとは、一般にDICOM仕様上のMWM SCPのことを指します。MWMはモダリティワークリスト管理(Modality Worklist Management)の略称で、 検査を行う前に、検査装置(モダリティ)からワークリストサーバに問い合わせを行い、ワークリストを取得する操作を管理するDICOM仕様のことです。 多くの検査装置には、MWM機能が標準またはオプションで付いており、検査予約情報または単純に患者属性情報を取得します。

検査予約情報は当然検査予約(オーダーリング)システムから取得しますが、患者属性情報は、電子カルテシステム、医事会計システム(レセコン)などからも取得できます。 ただし、製品販売会社によって、接続拒否または高額接続料金が提示される可能性がありますので、事前によく確認する必要があります。

システムとの接続ができなくても、磁気診察カードや、USBメモリに入っているCSVファイル、2次元バーコードなどのオフライン媒体での運用も可能です。

また、検査装置にMWMワークリスト取得機能がなくても、ワークリストサーバと連携する専用変換ゲートウェイを利用することで、DICOM画像に患者属性情報を付属させることができ、 検査装置の高価なMWMオプションが不要になる可能性もあります。

DICOM画像サーバ・PACSサーバ・DICOMビューア・画像表示プログラム

DICOM画像サーバは、各種モダリティから転送してきたDICOM画像データをDICOM画像ファイルに保存し、検索操作ための索引情報をデータベースに保存します。

医療業務と医用画像の性質により、DICOM画像サーバ動作の安定性や画像データ保存の真正性・安全性が重要な点となっています。

画像データの保存容量は数十TB(テラバイト)に達すこともあり、圧縮保存技術が用いられ、また画像データの安全性のため、ローカル保存装置やグローバルなクラウドドライブによるバックアップ保存も必要になります。

ビデオ信号DICOM変換ゲートウェイ・動画取込DICOM変換システム

超音波、内視鏡、外科X線イメージ、関節鏡、眼底、顕微鏡、耳鏡などのアナログおよびDICOM仕様未対応の画像化検査装置に対し、 装置から出力されるアナログ・デジタル映像信号をキャプチャし、DICOM画像に変換してから画像サーバへ送信することで、 医用画像の一元管理が可能となります。MWM/MPPS機能が標準付き、磁気診察カード、バーコードにも対応可能です。

JPEG画像DICOM変換送信・スキャニングDICOM変換送信

医療現場は各種医療装置で発生した画像データ、デジタルカメラで撮影した標本写真、さらに他院から持ってきた紙類の書類、倉庫に保管されているフィルムなど、 保存媒体に入っている画像ファイルや、紙類やフィルムなどをスキャナーによって取り込んだ画像データをDICOM形式に変換し、DICOM画像サーバに送信することにより、 医療データの一元管理が可能になり、医療業務の効率を大幅に向上させることが期待できます。

多機能DICOMゲートウェイサーバシステム

多機能DICOMゲートウェイサーバシステム製品および運用事例を紹介しています。

医用画像システムに関するご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。

当社はあらゆる医用画像システムに関するご相談を承っております。 ここに記載しているのは、ほんの一部のPowerDICOMおよびImageClarityを利用した医用画像プログラム、システム製品および構築事例です。 その他のプログラムやシステム製品、構築事例も多く用意しておりますので、どうぞお気軽に下記のお問い合わせ先までお問い合わせ下さい。

当社医療機関向け製品の営業方針について

弊社営業方針

当社および当社製品を信用して頂けなければ、販売することはできません。 当社から無理やりな訪問、電話等の迷惑行為、不実な宣伝、曖昧な回答、不当な営業手口は一切ありません。 お客様のご要望に当社の利益ではなく、お客様の立場から最適な提案をします。 電子化医療システムに関する知識がなくても、安心してお付き合い頂けます。 お客様の利益を最大限に守ることをお約束します。